ブラウザで広告ブロックする方法【ある程度なら簡単にできます】

ソフト・サービス

ブラウザで広告ブロックする方法【ある程度なら簡単にできます】

※当サイトでは、商品の紹介・サービスの紹介などにアフィリエイトリンク付きで紹介しています。

スポンサーリンク

Question

  • 広告をブロックしたいんだけどどうすればいい?
  • 広告ってブロックする方法あるの?
ブラウザで広告ブロック

インターネットを利用する際に避けて通れないのが、ウェブサイト上の広告です。しかし、広告はページの読み込み速度を遅くしたり、プライバシーの問題を引き起こしたりすることもあります。そこで、この記事ではブラウザで広告をブロックする方法について、簡単な手順をご紹介します。ウェブサイトの閲覧をスムーズかつ快適にするために、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

主要なブラウザの広告ブロック機能の活用方法

主要なブラウザの広告ブロック機能の活用方法

Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edgeで広告をブロックする方法をそれぞれ説明します。

Google Chrome

広告ブロック拡張機能のインストール

Google Chromeウェブストアから「AdBlock」や「uBlock Origin」といった広告ブロック拡張機能を検索し、選択した拡張機能をインストールします。

拡張機能の設定

ブラウザの右上にある拡張機能のアイコンをクリックし、拡張機能のポップアップを開きます。必要な設定を行い、広告のブロックを有効にします。多くの拡張機能は初期設定で適切なフィルターが選択されていますが、カスタマイズも可能です。

Mozilla Firefox

広告ブロック拡張機能のインストール

Firefoxのアドオンマーケットから「uBlock Origin」や「AdBlock」などの広告ブロック拡張機能を探し、選択した拡張機能をインストールします。

拡張機能の設定

ブラウザの右上にあるメニューアイコンをクリックし、「アドオン」を選択します。インストールした拡張機能の設定画面を開き、広告のブロックを有効にします。必要に応じて設定をカスタマイズできます。

Microsoft Edge

広告ブロック拡張機能のインストール

Microsoft Edgeのアドオンストアから「uBlock Origin」や「AdBlock」などの広告ブロック拡張機能を見つけ、選択した拡張機能をインストールします。

拡張機能の設定

ブラウザの右上にあるメニューアイコンをクリックし、「拡張機能」を選択します。インストールした拡張機能を有効にし、必要な設定を行います。拡張機能によっては、広告ブロックのルールやフィルターをカスタマイズできる場合もあります。

もっと簡単に広告ブロックしたいならBraveがおすすめ

もっと簡単に広告ブロックしたいならBraveがおすすめ
出典:Brave公式サイト

Braveは、プライバシーに特化したウェブブラウザであり、デフォルトで広告ブロック機能が組み込まれています。以下に、Braveでの広告ブロックについて詳しく説明します。

Brave

Braveの広告ブロック機能

簡単に言って仕舞えば、このBraveはデフォルトで広告ブロック機能がついているので、面倒な設定などなくてもある程度の広告をブロックできます。

また、細かくカスタマイズなども可能なので、もっと厳密にブロックしたい場合でも有効です。
私は用途に合わせて、ChromeとBraveを使い分けて使っています。

シールド機能

Braveブラウザの「シールド」機能は、広告ブロックを含む様々なセキュリティおよびプライバシーの設定を提供します。これには広告、トラッカー、Fingerprinting(ブラウジング行動の追跡)、HTTP(非暗号化)コンテンツのブロックなどが含まれます。

トラッカーのブロック

Braveは、ウェブサイト上のトラッカーやアナリティクススクリプトを自動的に検出してブロックします。これにより、ユーザーのオンライン行動が追跡されるのを防ぎ、プライバシーを保護します。

スポンサーリンク

広告ブロックの重要性とメリット

広告ブロックの重要性とメリット

広告ブロックは、ウェブブラウジング体験を向上させるために重要な役割を果たします。以下に、広告ブロックの重要性とそのメリットについて詳しく説明します。

ページ読み込み速度の向上

ウェブページ上の多くの広告は、高解像度の画像や動画、スクリプトを含んでおり、ページの読み込み速度を遅くする原因となることがあります。広告をブロックすることで、ページの読み込み時間が短縮され、ユーザーは迅速にコンテンツにアクセスできるようになります。特にモバイルデバイスでの利用時には、データ使用量の削減やページの表示速度向上が顕著です。

プライバシー保護の向上

一部の広告は、ユーザーの行動履歴や個人情報を収集し、ターゲティング広告を表示するために使用されることがあります。広告ブロックを行うことで、ユーザーのプライバシーが保護され、個人情報の漏洩や追跡を防ぐことができます。ユーザーは自身のデータをコントロールすることで、安心してウェブを利用できるでしょう。

非関連なコンテンツの削減

一部の広告は、ユーザーの興味やニーズに合わないものであることがあります。これにより、ユーザーは興味のあるコンテンツを見つけるのが難しくなる場合があります。広告ブロックによって、ユーザーは非関連な広告を排除し、より価値あるコンテンツに集中することができます。

セキュリティ向上

一部の広告は、悪意のあるスクリプトやマルウェアを仕込んでいることがあります。これにより、ユーザーのデバイスや個人情報が危険にさらされる可能性があります。広告ブロックを利用することで、これらのセキュリティリスクを軽減し、オンラインセキュリティを強化することができます。

集中力とユーザーエクスペリエンスの向上

広告が画面上を占めることで、ユーザーの注意がそちらに引き寄せられ、コンテンツに集中するのが難しくなることがあります。広告ブロックによって、ユーザーは優れたユーザーエクスペリエンスを享受し、より効果的にコンテンツを消化できるようになります。

まとめ

簡単にまとめますと

まとめ

  • 大体のブラウザでも拡張機能で対応できる
  • 個人的におすすめはBrave
  • 表示速度が改善したり、セキュリティ的にも向上する

中には、広告ブロックしている人にはコンテンツを閲覧させないとしている所もあるので注意しましょう。
また、100%ではなく物によっては表示されてしまう事もあるので悪しからず。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!

-ソフト・サービス
-